中判への誘い


中判カメラは、35mmカメラのように身近で使っている人を見掛けるのは稀(まれ)です。また、店頭での中判カメラや中判フィルムの取り扱いはあまり多くありません。そのため、普通の生活では中判カメラに触れる機会が無いのが実状です。
そういった身近ではない中判カメラについて、漠然と「中判は金がかかりそう」とか「中判は難しそう」などという印象が先行してしまいがちです。その結果、素晴らしい中判の世界とは縁の無いまま一生を終えるのです。
それではあまりにももったいない話。

最近普及がめざましい高画質デジタルカメラなどを見ても分かるように、世間では「画質とは画素数の多さ」とする安易な風潮が蔓延(はびこ)っています。けれども、丁寧に撮影された中判写真を見たことがあるならば、画素数の多さは画質の必要条件であり十分条件では無いということに気付くでしょう。
中判ならではの緻密感、色の深み。それは35mmカメラやデジタルカメラには無い魅力です。

もちろん、パソコンやプリンター出力の画質で満足出来るならば、中判写真など必要無いことでしょう。けれども、画質というのは理論だけで考えても価値は生まれません。理論はあくまでも根拠を導く手段でしかありません。写真を観て「素晴らしい」と価値を認めるのは、人間の感覚以外に判定するものは無いのです。

私はここで主張します。「あれこれと考える前にまず触れて下さい」と。
その後、どう判断するかはそれぞれにお任せすることにします。



中判カメラ・中判写真についての漠然とした印象を具体的問題に変えるためのFAQ
●35mmカメラに比べてカメラの値段が高そうだが?
●35mmカメラに比べてフィルム代や現像代が高そうだが?
●カラープリントは出来る?
●35mmカメラに比べて難しい?
●中判対応スキャナは高価?
●35mmカメラがデジタルカメラに置き換わったように、近い将来中判カメラもデジタルカメラに置き換わるのでは?
●35mmカメラに比べて大きく重そうだが?
●中判と35mm判、デジタルカメラとの画質(解像力)の差は?
●35mmカメラに比べて連写性・速写性が劣るのでは?
●中判として気を付けるべき点は?


●35mmカメラに比べてカメラの値段が高そうだが?
手っ取り早く中判カメラを体験するには、1万円前後でも可能です。
私の場合、中古カメラ店で5千円の二眼レフカメラ(※1)を購入し、リバーサルフィルムでの撮影を体験しました。本格的に中判を始めようかと迷っていたのですが、実際に中判を体験してみることによって中判に対するイメージがより具体的になり、自分自身の決断が固まりました。
(※1 二眼レフカメラは、一部の例外を除いてほとんど6x6サイズの中判です。)

さて、二眼レフカメラの中古は程度が良くないものが多く、メインカメラとして位置付けるには不安な面があります。そこで、本格的に中判写真を始めようとするならば、新品あるいは程度の良い中古を選ぶことになるでしょう。タイプ別に見てみます。

一眼レフタイプの場合、別売りのシステムを駆使出来ますので様々な撮影に対応出来る万能カメラと言えます。例えば望遠撮影やマクロ撮影などは一眼レフ形式でなければファインダーで確認出来ません。
しかしそれは同時に、本体だけでなく交換レンズやファインダー、フィルムバックなどのアクセサリの費用も必要になるということでもあります。当然ながら、多くを望めばどんどん費用がかかります。特に、ハッセルブラッドやローライなどのような舶来物であれば、高級乗用車が買えるくらいの財力が必要です。

もし特殊撮影をせず、一眼レフでなくても良いということであれば、非一眼レフカメラを選ぶのも手です。レンズ交換不可能であっても、撮影対象が限られているのであれば問題は無いでしょう。
セミ判と呼ばれるサイズの中判カメラならば、AEやAFを搭載したコンパクトカメラ的なカメラもあります。
そもそも一眼レフであっても、中判カメラはモデルチェンジはあまり無く、ラインナップされているレンズの種類は必要最低限ですので、よく使う焦点距離のレンズを幾つか買ってしまえば、それ以上買う物が無くなってしまいます。35mmカメラのように、いつも新製品が出て購買欲をそそることもありません。

●35mmカメラに比べてフィルム代や現像代が高そうだが?
フィルム代も、35mm判に比べてそれほど大きく違う訳ではありません。中判として最も一般的な120フィルムでは、リバーサルフィルムで380円くらいからあります。モノクロでは200円台からあります。もちろん35mm判に比べて撮影枚数は少なくなりますが(120フィルムの場合では6x6判で12枚)、中判の面積を考えれば妥当な範囲とも言えます。
現像代は、リバーサル現像(E-6)の場合、120フィルムで500円前後、220フィルムはその倍です。

●カラープリントは出来る?
ネガカラーフィルムによるプリントは可能ですが、ネガカラーフィルムは上級者向けなので、あまりお勧め出来ません。ネガカラーフィルムで良いプリントを得るのは至難の業であるため、より手軽なリバーサルやモノクロ自家現像をお勧めします。
参考
ネガカラーのプリントについて
もしネガカラーをやるのであれば、せっかく中判を使うのですから、現像所に事細かに色補正の指定をするか、あるいは自家処理をしたほうが良いと思います。
ちなみに私の場合、リバーサルフィルムをスキャナで読み取らせ、パソコンデータとしてフジフィルムの銀塩出力サービス「デジカメプリント」に依頼しています。

メディアプリントについて

FUJI・デジカメプリント」はパソコンで作成した画像を銀塩プリントに出力するサービスです。
サイズと料金体系は以下の通りですが、料金は各店舗によって違います。中には基本料金なしの店もあるようです。

タイプ印画紙サイズ作成データサイズ一般価格
L判(89x127mm)1074x1524ドット\ 50(ヨドバシは\35)
HV判(ハイビジョン)(89x158mm)1086x1902ドット\ 50
P判(パノラマ)(89x254mm)1086x3036ドット\ 80
2L判(127x178mm)1536x2138ドット\ 150(ヨドバシは\80)
A5判(210x148mm)1784x2516ドット\1,000
A4判(210x297mm)2516x3544ドット\1,600(ヨドバシは\540)
※基本料金として\500必要な場合有り


デジカメプリントの依頼方法は2種類あり、MOやFDなどにデータを入れて店頭に持ち込む方法と、インターネットにて画像をFUJIに送って後日指定した店舗で受け取る方法のいずれかを選択します。

MOやFDでデータを持ち込む場合、FDi注文ソフトでデジカメプリント用データを作成します。これは使い慣れたレタッチソフトからプリント出力する感覚でデータを作成出来ます。データは必ず解像度を300dpiにして下さい。ドットサイズは上の表の通りです。ドットサイズを合わせないと、拡縮されてプリント画像が粗くなりますので注意が必要です。
FDi注文確認ソフトと併せて使うことになります。

インターネットから注文する場合は、ユーザ登録をした後に「焼き増しBOX」にて画像データをアップロードし、枚数やサイズ、受け取り店舗を指定します。サイズなどはMOやFDで持ち込む場合と同じです。

●35mmカメラに比べて難しい?
完全自動の35mmカメラと比べれば、操作は難しいと言えるかも知れませんが、それは決して「難解」なわけではなく、「面倒」というレベルの話です。けれども、一方で手動の35mmカメラも人気が出てきましたので、そういう感覚で使えば違和感は無いと思います。
写真の基本は、35mm判でも中判でも何ら変わりません。

●中判対応スキャナは高価?
中判対応のフィルムスキャナは高価です。最近低価格なものが出てきましたが、それでも実売価格で20数万円はします。
しかしながら、紙原稿をスキャンするタイプ(フラットベッドスキャナ)でも最近はかなり読取り能力が向上し、まるでフィルムスキャナで取込んだような働きをするものがあります。
私が中判用フィルムスキャナを購入した時点ではそのような高性能フラットベッドスキャナが存在しませんでしたが、現在ならば数万円の安価なもので十分事足りると思います。
ただし、フラットベッドスキャナで取り込む際はフィルム以外のエリアをマスクしなければ画質が低下します。暗部にノイズが乗ってしまい、画像処理でも救済出来ません。この点について、よく「フラットベッドスキャナの限界だ」と言われたりすることもありますが、大抵は横から光が漏れているための現象です。
スキャナには専用のマスクが用意されていると思いますので、面倒臭がらずに使うことをお勧めします。あれは単にフィルムの位置決めだけのものではありません。

参考
フラットベッドスキャナで中判フィルムを読み取る

●35mmカメラがデジタルカメラに置き換わったように、近い将来中判カメラもデジタルカメラに置き換わるのでは?
35mmカメラの場合、中判カメラに比べて「機動性」や「高機能」といった利点を持っていますが、デジタルカメラはそれを上回る性能を得ることで35mmカメラに取って代わろうとしています。また画素数でも、もはや35mm判の解像感を越えつつあると言えるでしょう。
ところが、画質は画素数では語れません。中判カメラを使っている人であればそれは認識済みです。言い方を変えれば、35mm判で満足している人にはデジタルカメラの画質で事足ります。何しろ、画質の価値観が1つだけなのですから。

最近、ある中判一眼レフカメラにデジタルカメラバックのオプションが発表されました。これは、オプションの追加によって中判カメラをデジタルカメラ化出来るアタッチメントです。
しかし、これは将来中判がデジタルカメラへ統合されることを意味するわけではありません。フィルムバックはデジタルカメラバックに比べて遙かに単純な構造であるため、デジタル画像が主流となってもオプションとしてフィルムバックが消えることは無いでしょう。

また中判には、それを支える濃いユーザー層があり、フィルムでしか表現出来ない豊かな階調や深い色などを求めるニーズが強く存在しています。機動性を犠牲にしてまで中判カメラを使う人にとって、デジタルカメラの利点など何の魅力も感じないでしょう。もしデジタルカメラを使うとしたら、最初から35mm判を使っていたはずなのです。

結局のところ、35mm判は機動性重視のユーザーが多く画質に対する意識が低いためにデジタルカメラに浸食されつつありますが、中判のほうは機動性を犠牲にしても画質を求めるユーザーが多いため、デジタルカメラの出る幕はありません。


デジタル画像について

フィルムの持つ色の深さは、それがアナログであることに由来します。デジタル画像では、論理的に画像の色数が決定されており、それ以上の色は逆立ちしても出ません。通常、R:G:B=8bit:8bit:8bitの情報量(約1600万の組合せ)を持ち、それによって約1600万色を表現します。
しかし、フィルムの色はそれを遙かに越える色数を持っています。バックライトが十分に明るければ、白は眩しく見えるでしょう。それに対し、パソコンの画面上で白を眩しく感じるということはありません。もしパソコン画面で白が眩しければ、ワープロ画面でも眩しくて作業出来ないからです。つまり、パソコン画面で一番明るいはずの白色(R:G:B=255:255:255)は、眩しくないのです。
そういうわけで、いくらデジタルカメラの画素数が多くなろうとも、色の深みは論理的に決まっているので絶対にフィルムの画質を越えることは出来ません。
参考
デジタル写真の限界について

●35mmカメラに比べて大きく重そうだが?
一眼レフ形式であれば、かなり大きくなります。
しかし、非一眼レフ形式であれば、そこそこ軽量なカメラがあります。一度、どんなカメラがあるのかを調べてみることをお勧めします。

●中判と35mm判、デジタルカメラとの画質(解像力)の差は?
レンズやフィルムの種類・大きさやCCDの種類・大きさによって変わってきます。また撮影時の光の具合によっても微妙に変わることがあります。 ここでは参考として、同一被写体についてキャム所有カメラで撮り分けた写真を比較してみました。
参考
写真の解像力についての比較



●35mmカメラに比べて連写性・速写性が劣るのでは?
ワインダーやモータードライブなどがアクセサリとして用意されている一眼レフタイプの中判カメラでは、秒間2コマ程度の連写が可能です。35mmカメラでも秒間3コマ程度のカメラがあるくらいですから、連写性についての差は、中判だからという理由で大きくなるわけではありません。

速写性については、35mmカメラの場合は撮影後にフィルムを巻戻す必要がありますが、ブローニーフィルムを使う中判カメラには巻戻し操作は必要ありません。もしフィルムバック交換式カメラに220フィルムを使えば、35mmカメラに引けをとりません。
キャムの場合、フィルムバックの中枠のみを交換して撮影しますので、35mmカメラのフィルム交換より早いくらいです。35mmカメラの場合では巻戻しだけで10秒くらいかかるのですが、その間に中判カメラでは次のシャッターが切れる状態になります。

●中判として気を付けるべき点は?
35mm判カメラの広角レンズは焦点距離が28mm前後なのですが、中判カメラの広角レンズはフィルムサイズの関係上、焦点距離が50mm前後となります。それはつまり、広角の被写界深度が浅いということであり、35mmカメラの広角レンズと同じような被写界深度を得ようと思えばかなり絞り込む必要があります。そうなると三脚は必須となります。
しかしこれは逆に、浅い被写界深度を浅くしたい撮影では利点となります。







中判写真のサムネイル
http://cam.fc2web.com/
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー